この先、確かな未来を・・・。 Ahead , a solid future .

どなん 20kg

化石サンゴ どなん(農畜産用)

化石サンゴ どなん(農畜産用)

日本の最西端の島、沖縄県与那回島から産出された良質な化石サンゴが原料です。
化石サンゴとは、10万年前の清浄な海中に育ったサンゴが、その後のを面低下によって陸上に化石として露出したものです。
この地層から採掘された化石サンゴは年代が若く変質がなく、サンゴの原形を保った状老で保存されています。化石サンゴの主成分は炭酸カルシウムですが、その他に70余種類のミネラルも含まれています。
肥料「どなん」は化石サンゴを天然の素材のまま、化学的に何ら手を加えることなく未焼成で粉砕した総合ミネラル肥料です。

サンゴの力が
あなたの畑を豊かな大地にかえる

サンゴの力があなたの畑を豊かな大地にかえる
  • 土壌中の微生物の育成促進
  • 通気性、保水性、保肥力の増大
  • 酸性土壌の矯正に
  • 農薬公害の軽減・解消

「ウルカル(葉面散布剤)」と合わせて使えば
さらにパワーアップ!!

「ウルカル(葉面散布剤)」と合わせて使えばさらにパワーアップ!!

  • 肥料区分:特殊肥料
  • 肥料の種類:炭酸カルシウム肥料
  • 肥料の名称:どなん炭酸カルシウム
  • 有機JAS規格別表等適合資材

『どなん』は、植物に必要なミネラルを豊富に含んだ
総合ミネラル肥料です。
菌床としても効果パツグン!!!

主な特徴

70余種類のミネラル
土壌中の微生物の育成促進やセンチュウ等の発病を抑える効果があります。
多  孔  質
「通気性・保水性・保肥力」に優れ、土を柔らかくします。異常気象にも強い作物がつくれます。
中 和 作 用
酸性土壌を作物の生育に適した弱酸性及び中性に改善します。
有害物質の吸着力
農薬散布により、土壌中に沈殿された重金属(カドミウム・ヒ素・鉛)等の有害物質を吸着し、安定不溶化します。

主要成分表

  • アルカリ分 55.92%
  • カルシウム 55.40%
  • 可溶性カルシウム 54.85%
  • マグネシウム 0.78%
  • 可溶性マグネシウム 0.77%
  • く浴性マグネシウム 0.75%
  • けい酸 0.59%
  • りん酸全量 0.14%
  • カリウム 0.13%
  • 鉄 0.11%
  • 腐植酸 0.07%
  • ナトリウム 0.06%
  • 窒素全量 0.014%
  • マンガン 0.0066%
  • ほう素 0.0030%
  • 亜鉛 0.0019%
  • 銅 0.0012%
  • pH(1% w/v) 9.40

農水省「肥料分析表」による

化石サンゴ どなん(農畜産用)
化石サンゴ どなん(農畜産用)
糖度2.8mm以下
包装20kg又はフレコンバック(1トン)

使用方法

標準使用量10アールあたり

水、稲、麦 80~200kg
60~150kg
全面散布
荒越し時
野菜類、豆類、芝 80~200kg 全面散布 作条には半量
イモ類、牧草 60~150kg 全面散布 作条には半量
果樹 80~200kg 樹齢に応じて散布
販売価格 20kg 3,456円(税込)

パンフレット

お問い合わせ

この「化石サンゴ どなん(農畜産用)」に関してのご質問・お問い合わせがございましたら、下記よりお問い合わせください。

この商品についてのお問合せは
この商品についてのお問合せは
商品に関して・ご意見・お問合せは

PAGETOP
Copyright © TENJINBUSSAN Corporation. All Rights Reserved.